LEATHER

ブルックリンのレザーについて

グロスコードヴァン

グロスコードヴァンGloss Cordovan

スペインのコルドバ地方で多く作られていた事から名付けられたとされる〈コードヴァン〉。
放牧されながら、自然に近い環境で育った農耕馬からのみ形成され、個体の2割にも満たない尻部でしか採れない「コードヴァン層」という、特別な繊維質から成る革です。

世界的に《他のいかなる革にも見ることのできない貴重な革》と言わしめるコードヴァン。
一般的な牛革などは、採取する個体の“表面”(空気と触れていた面)
を鞣(なめ)し、仕上げていくのに対し、コードヴァンは、個体の“裏面”を平滑にし、表面として特殊加工しています。

通常の製作工程とは全く異なる手法を取らなければならず、さらに世界中で入手しずらい原皮を、安定したクオリティで仕上げなければならないという点からも、ごく限られたタンナーのみが手がけることを許された革なのです。

さらに、牛革は「床(トコ)」と呼ばれるベースの上に、「銀面(ギンメン)」と呼ばれる表面の革で構成される2層革なのに対し、コードヴァンは、革表面と裏面の間に存在する「コードヴァン層」だけの単層革です。

原皮を少しずつ丁寧に削り出し、コードヴァン層を整える作業は非常にデリケートであり、卓越した職人の技によって生み出されます。
少しでも深く削ってしまったり、キズを付けてしまえば、その一枚はコードヴァンになりません。
この緻密かつ繊細な作業工程が、宝石の採掘作業に似ているということから “革のダイヤモンド”とも呼ばれています。

ブルックリンミュージアムの〈グロスコードヴァン〉は、世界に2社しかないと言われるコードヴァンタンナーの中でも日本が誇る唯一のタンナー〈新喜皮革(姫路)〉から原皮を仕入れ、削り出しや染色・フィニッシュまでを〈レーデルオガワ(千葉)〉へ依頼しています。
一般的なコードヴァンよりオイルをたっぷり染みこませることで、手にした瞬間から、しなやかな強さとハリを兼ね備える仕上げに。
そして何より、随一の染色技術と謳われるレーデルオガワとのタッグにより、ブルックリンミュージアムの「カラークリエーション」を表現することが可能になりました。

多くの工程と手間をかけることで、多少のキズでも下地が出ることはなく、マット仕上げだからこそ、年月を経ることで独特の鈍い輝きが増していく様子を感じていただけます。

一般的にコードヴァンは「キズが付きやすい」「水に弱い」などのネガティブイメージがあります。コードヴァン層は使用初期、繊維が林立した状態のため、少しの引っ掻きでも跡が目立つことや、水が表面で留まらず浸透し、一度吸い込んでしまうと元に戻りにくい点が挙げられます。
しかし、使い込むことで、繊維が徐々に落ち着いて寝た状態になることで、表面が締まり、摩擦や水にも強くなります。
そして、小さなキズなども気にならなくなるような独特の風合いを醸し出すのです。

近年、農産業における機械化のスピードが増したことで、農耕馬の減少は著しく、しっかりしたコードヴァン層を持つ馬さえ少なくなっている現状があります。
年々、世界規模で希少価値が上がり、高品質なコードヴァンが入手しにくくなる中、 一生モノとなり得る価値ある革と言えます。

HOW TO CARE

コロニル1909シュプリームクリームデラックスをお薦めします。
はじめに柔らかい布にごく少量取り、革製品に均一に塗り込んでいきます。
仕上げに汚れていない布で乾拭きをして下さい。
塗布後、付着したホコリや指紋などを取り除く場合、柔らかい布で軽く乾拭きをして下さい。
この際、革の油分を奪ってしまう恐れがありますので、強く拭きすぎない様ご注意下さい。
お手入れの頻度は状態にもよりますが、1年に一度を目安に行って下さい。

こちらの商品におすすめのケアグッズ

その他のケアグッズはこちら

LEATHER CARE PRODUCTS
ブルックリンのケアグッズ一覧へ

LEATHER CARE PRODUCTS

ブルックリンのケアグッズ一覧へ

NOTE

  • 水分を吸収しやすく、さらに一度吸収すると元の状態へ復元することが難しくなります。これは、繊維が一定方向に立っているため染み込みやすく、さらに膨張する性質によるものです。ある程度時間をかけて蒸発させることが可能なため、万が一の場合は、クリーム等を入れず(一枚膜を張る形となり、蒸発しにくくなるため)自然に水分が抜けるのをお待ちください。
  • 塩基性染料により染色されており、特に塩基は、空気中の窒素と紫外線により光触媒反応を促進させるものです。直射日光及び、それに準ずる光源の元に長時間放置されますと変色しますので、ご注意ください。
  • 表革(銀面)の裏側である肉の部位を削り出して加工されています。毛根付近にコードヴァン層が存在している為、ピンホール(毛穴)は避けられません。コードヴァン独自の風合いとしてお楽しみください。
  • 商品画像はできる限り現品を再現するよう心掛けておりますが、ご利用のモニターやパソコン環境によっては、色の見え方に差異が生じる場合がございます。予めご了承下さい。