皆さま、こんにちは。
ブルックリンミュージアムCOO 内藤でございます。

今年もスタッフ総出で様々なことにチャレンジする中、世界中が想定外の出来事に見舞われ、計画していたことが具現化できず、苦しい局面も多々ありました。

世界中の人たちが、何かを守るために
必死に努力をされていたと思います。

会社を守る。
社員を守る。
取組先を守る。
そして、
「お客様へお届けしたい感動を守る」。

改めて、「守る」に向き合い続けたことで
見えてきたことがありました。

近年よく耳にしますSDGsにおいても
まさに地球を守るために発信されていると思います。

環境問題への取組は
今の私たちを守ること、次世代の方々を守ること。
サステナブルな「土に還るレザー」開発にも取り組んだ1年でした。

今日明日すぐに結果が見えなくても
続けていたら必ずでる成果。
それが「攻め」となる。

攻め続けるって、ずばり体力と気力。
気力は衰えることなく、どんどん湧いてきています!が、体力は歳相当になってきました...笑。

体力作りのために、12月から自転車通勤を始めてみました。
時に空を見上げながら、
時に道玄坂のカラスをよけながら
自転車通勤を楽しんでおります。

どんな時でも
「楽しみながら攻めなきゃね!」
と自転車通勤から学んだ2020冬。
来年も皆さまと共に、豊かさを共感していただける「攻め」を大切に、 コト・モノを築き上げてまいります。

本年の大変さを乗り越えられました皆さま、
心身ともに本当におつかれさまでございました。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。