《サルベージPROJECT、はじめました。》

《サルベージPROJECT、はじめました。》

 

サルベージとは、『船を救助する・引き揚げる』 という意味合いの言葉です。

ブルックリンミュージアムは創業以来、様々なプロダクトを生み出してまいりました。
私たちのプロダクトは良質なレザーを吟味しており、天然のシボ(シワ)は上質の証であり、小キズもまた自然の中で育った証でもあります。
ですが、モノづくりをする上で、時にどうしても生まれてしまう「アウトレットプロダクト」。

 

 
少しステッチが曲がってしまったモノや開発段階でのサンプル品。
中には長年のブルックリンユーザー様だからこそわかる懐かしいプロダクトや1点モノのデッドストック・レア品など。
正規品として販売することはできませんが、捨てるにはあまりにもしのびない。

 
世界中が環境問題への取組を行う中、私たちも環境に配慮したレザーの開発や大量生産を行わない企業として、『つくる責任・つかう責任』に向き合ったとき、どうしても発生してしまうアウトレットプロダクトを処分するのではなく、「サルベージプロジェクト」と名付け、 ご理解いただけますユーザー様へ「救助」していただける循環を生みたいと思い、スタートしたプロジェクトです。
 

「SALVAGE」の「S」刻印

この機会に是非ご活用ください。

代表取締役兼職人 
草ヶ谷 昌彦

 

イベント情報