“シルエットは崩さない。

ミニマルライフのマストアイテム”

スマートさを優先


なによりも「スマートさ」を優先させたミニマルアイテム。小銭入れは付属させず、紙幣とカードだけに特化させました。
表・中を全て 〈フレンチカーフ〉で仕上げた高い質感が、シンプルな中にも格上の表情を演出。ホールド感が抜群のメタルクリップは、都度触れる必要がないこともポイント。一枚でも紙幣が入っていれば、札同士がすべり、流れるような精算を可能にします。紙幣は15枚程度であればすっきり収納でき、日本円はもちろん、海外のポリマー紙幣なども対応しています。
カードスロット×3、カード段裏ポケット×1、フラップ×1と、必要最低限を持ち運ぶには十分なキャパシティ。
美しいレザーの質感があるからこそ、世界のどこへ持ち歩いても小慣れた印象に高めてくれるアイテムです。

フレキシブルフラップ


実は便利なフラップ。このパーツの有無でマネークリップの使い勝手は大きく変わります。
領収書や新幹線のチケットなど、複数枚はさんでもレザーの摩擦で落ちにくくフィット。さらに、メタルクリップにはさんだ紙幣の端をフラップで押さえることで、精算時のもたつきが無くなります。
些細な“気配り”こそがスマートへの鍵です。

職人のプライド


幾重にも重なるレザーパーツ。それらの磨き上げられたコバは、「切り目」によるものです。これは、ブルックリンミュージアムのレザーアイテムを作る上では欠かせない手法。磨いては染料を入れ、また磨く・・・この作業を全てのパーツへ同じように繰り返し行います。非常に手間がかかり、あまり効率は良くない手法ですが、全パーツに採用し続ける訳は、「長年の使用にも耐え得る作り方だ」という、その一点だけ。
いくら手間がかかろうとも、すぐ破けたり壊れたりするモノは絶対に作らない──ブルックリンミュージアムのコバには、そんな職人のプライドが表れています。

ライニングはオリジナルレザー


内装へ使用しているのは、ブルックリンミュージアムが独自に開発したソフトレザー。名前の通り、柔らかく、非常に肌触りの良い質感へ仕上げているため、お札やカードが引っかかることがありません。
また、どのパーツにも必ず2枚のソフトレザーを貼り合わせて作成しています。その理由はシンプルに、「永く使って頂きたいから」。
カード段や仕切りなど、ひとつひとつのパーツのコバを磨き上げ、ミシン掛けも行い、破けたり、剥がれたりしないような作りにしています。

セットで遊ぶ


エフォートレスなアイテムであればなおさら、セットで持つアイテムは色で遊ぶくらいの余裕がほしいものです。
マネークリップとコインケースを、色違いで“自分らしく”セレクト。もちろん、同じカラーで統一感を持つも良し。
何よりも大切なのは〈好きな色を愉しむ心の余裕〉を持つこと。ブルックリンミュージアムのカラークリエーションだからこそできる、大人の遊びを愉しんでください。

[フレンチカーフ]
ビルクリップ
color:レッド

SKU: 532321RD

価格:
¥25,000
在庫:
残り1個