“美しくカードを収納する、
オールインワンウォレット

欲しかった、
を叶えるオールインワン。


「コンパクトでありながら、できるだけカードはしっかり収納したい」
そんな願いを叶える、パスウォレットは、シンプルな見た目とうらはらに、高い収納力と、どのようなシーンにも合わせやすい使いやすさが嬉しい二つ折り財布です。
メイン素材を〈柿渋染め〉、インナーレザーをブルックリンミュージアムオリジナル和牛レザー〈ヤマト〉で仕上げ、柿渋染めの美しい刷毛目と、イエローのコントラストが唯一無二の表情を演出。総レザー仕上げで、パーツそれぞれの厚みを全て計算した設計のため、カードや硬化の重量を感じさせないほど軽やかに持ち運べます。

コンパクトかつ
多くのカードを収納したい


不可能なように聞こえる要望も、このパスウォレットなら実現可能に。
二層式に仕上げたカードスロットは、一層目にカード×3・ICカードなどをスムーズに取り出せるポケット×1、二層目にカード×6と、合計10枚のカードを綺麗に収納できる優れもの。新幹線のチケットなどをホールドできるアオリもついており、長財布にも劣らない収納力ですが、スロットの高さは、取り出しやすさを全て計算した設計にしているため、もたつくことはありません。

大きく開くコインポケット


コインポケットは、日常の取り出しやすさを考慮し、外側へ付けています。
広めに設計したマチにより、トップが大きく開き、中が見やすく取り出しやすさも抜群。フルレザーのため、小銭で内側が汚れてしまっても、しっかりケアをすれば長くキレイに使用することができます。

安心のホールド感


通常より少し長めに設定したホック付きのベルトにより、カードをフルで入れ、札や小銭が入っても安心できるホールド感が実現しました。
レザーパーツが何重にも重なる箇所は、最大限強度が保たれる薄さに仕上げ、カタチが崩れないような仕上げを行っています。使うごとにベルトのしなやかさが高まるため、時とともに使いやすさが増します。

職人のプライド


幾重にも重なるレザーパーツ。それらの磨き上げられたコバは、「切り目」によるものです。これは、ブルックリンミュージアムのレザーアイテムを作る上では欠かせない手法。磨いては染料を入れ、また磨く・・・この作業を全てのパーツへ同じように繰り返し行います。非常に手間がかかり、あまり効率は良くない手法ですが、全パーツに採用し続ける訳は、「長年の使用にも耐え得る作り方だ」という、その一点だけ。
いくら手間がかかろうとも、すぐ破けたり壊れたりするモノは絶対に作らない──ブルックリンミュージアムのコバには、そんな職人のプライドが表れています。

ライニングはオリジナルレザー


内装裏へ使用しているのは、ブルックリンミュージアムが独自に開発したソフトレザー。名前の通り、柔らかく、非常に肌触りの良い質感へ仕上げているため、お札やカードが引っかかることがありません。
また、小銭入れの内側を含め、どのパーツにも必ず2枚のソフトレザーを貼り合わせて作成しています。その理由はシンプルに、「永く使って頂きたいから」。
カード段や仕切りなど、ひとつひとつのパーツのコバを磨き上げ、ミシン掛けも行い、破けたり、剥がれたりしないような作りにしています。

“LEATHER”


柿渋染め

柿渋染めと言う染色方法は、古くは平安時代(794年〜1192年)から使われており、何度も太陽の光を当てながら染め上げることから 「太陽の染め」とも呼ばれている伝統的な染色技法です。

防水性に優れ、防カビ性・防虫効果もあるため、古来より番傘や建造物の梁や土台などに塗布され使用されています。
柿渋染めの木目のように見える模様は、代々受け継がれた職人技によって表現されるものです。これは、ヌメ革一枚一枚に、柿渋(渋柿の圧搾液を発酵させたもの)を「刷毛」で塗り、 日光に当てる工程を7〜8回繰り返すことで生まれる模様です。

染める回数は、原皮の状態・染める日の温度や湿度によって変え、その工程を何度も丁寧に繰り返す事で、刷毛目による濃淡が模様となり、日本独特の茶色「ジャパンブラウン」を醸し出すのです。
手作業で重ね塗りをしていくため、ひとつひとつ違った表情を持つ 「二つとして同じモノが出来ない」革に仕上がります。これこそが柿渋染めの醍醐味であり、ぞれぞれのアイテムが一点モノとしてお楽しみいただける所以です。
タンニン鞣(なめ)しのため、使い始めはハリがありますが、使い込むごとにしっとりと馴染み、時と共に色が濃く変化する、味わい深さを楽しめる革です。


ヤマト

ブルックリンミュージアムオリジナルレザーである「ヤマト」。
日本の四季の恩恵を受け、じっくり時間をかけ育てられた和牛で作ったレザーです。
“春から夏にかけて肌目がゆっくり開き、秋から冬にかけてゆっくり閉じる”
美しい四季を感じて飼育された肌質は、キメが細かく、弾力性に優れていることが特徴。その風合いを損なわぬよう、タンニン鞣しを施し、「本染め」と呼ばれる加工法によって染め上げられています。原皮に染料を少し入れては天日干しをし、再度染料を少し入れては天日干しをする、という過程を何度も繰り返し、時間をかけて皮の芯まで染料を染みこませる製法で、手間を惜しまず丁寧に仕上げられています。本染めだからこそ表現できる、澄んだ色と質感。身につける年数とともに、色は徐々に深く、濃く変化します。

今ではほとんど行われていない「ツキ」を行うことも、ヤマトを語る重要な鍵となります。肌目を整えるため、ヘラで表面を滑らかにしていく── この作業を数回施すことで、より一層美しくエレガントな革へと仕上がります。
牛の飼育・原皮から革への加工・製品となる最後の行程まで全てが、 日本の卓越した職人たちによって手がけられた、『オール・メイド・イン・ジャパン』。
ブルックリンミュージアムが求めるクオリティで仕上げるその工程には、 多くの手間と時間がかかっています。 様々なタンナーに“手間がかかり過ぎる”と断られ続けた工程を、“良いものを作りたい”という一心で快く引き受けてくれた作り手がいたからこそ、実現した、世界に誇るべき革です。

《刻印無料&送料無料 キャンペーン開催中》

無料にてイニシャル刻印を行わせていただきます。
ご希望のお客様は、ご購入時にショッピングカートページ内「お問い合わせ事項ご入力欄」へ
【⒈ご希望の刻印カラー(素押し、シルバー箔、ゴールド箔)⒉イニシャル】をご記載ください。


*刻印場所は画像白枠部分となります。
*イニシャルは「*.*」(アルファベットおよびドットの組み合わせ)3文字までとさせていただきます。
*刻印サイズは、縦4mm×横12mm程となります。
*刻印カラーのご指定がない場合、シルバー箔にて刻印させていただきます。

[柿渋染め]
パスウォレット

SKU: 591086CM

価格:
¥42,000 +tax
在庫:
残り2個

説明

品番:591086CM

レザー:〔表〕柿渋染め(牛革)

〔中〕ヤマト(牛革)

〔内装〕オリジナルソフトレザー(牛革)

カラー:キャメル

サイズ:縦11×横9.7×マチ3.6(単位:cm)

原産国:日本製

Payment & Security

Amazon American Express Apple Pay Diners Club Google Pay JCB Mastercard Shop Pay Visa

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

You may also like

Recently viewed

Item Variation

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out