“最小限”の、
新たなカタチ。

“必要最低限”を持ち歩く


コインケースとカードケースが一つになった、「2in1」タイプのミニウォレット。このコンパクトさに、コインポケット×1、カードスリット×3、紙幣収納ポケット×1を無駄なくデザイン。一目でわかる上質さを放つ〈フレンチカーフ〉で仕上げることにより、小さいながらも、リッチな雰囲気を醸し出す、オトナのミニウォレットです。
キャッシュレスの流れが進む昨今。メインとサブの財布を使い分ける上級者に向けた、ブルックリンが提案するミニウォレットの新たなカタチです。

カラークリエイション


何よりも、ミニウォレットを持つ人のセンスを光らせるのは、素材の質。
ひとつ違えば幼く見えてしまい兼ねない形状を、質感高いフレンチカーフで仕上げ、クラス感をアップさせています。端正な表情を持つレザーへ、ブルックリンの法則に基づいたステッチカラーを施すことにより、より一層レザーが華やかに見え、持つ人のスタイルをグッと高めてくれる──これこそが、ブルックリンの考えるカラークリエイションです。
持ってみて初めて完成するこのミニウォレットの質感を、ぜひご体感ください。

見やすいコインポケット


ミニウォレットを選ぶ上で、コンパクトさは大前提として、使い勝手の良さは外せないポイント。 特に、コインポケットの良し悪しは、日常的に使用して初めて実感するものです。コインを使う機会が減ってはいるものの、大きく開くマチ設計により、見やすさと取り出しやすさを実現。インナーカラーの明るさが、より見やすさを叶えており、少しゆとりを持たせることで、ちょっとした鍵なども収納可能。
コインを守るホックも、全てメイドインジャパン。職人が手作業で磨き上げ、微調整を行っているため、気持ちの良い「パチンッ」を聞くことができます。些細なことですが、“音ひとつ”にもこだわり抜いています。

安心の紙幣ポケット


紙幣を収納するポケットは、あえてマチを付けずに設計しています。これは、何よりも薄さを優先した結果です。
ポケット下部12mmを縫い込み、コバを磨き上げて一体化させているため、紙幣が飛び出したり、抜け落ちてしまう心配もありません。
あえて何十枚という紙幣を入れられない仕様にすることで、常に「ミニマル」なライフスタイルと、シチュエーションに合わせた「使い分け」を推奨。どんな時にも“もたつかない”スマートさを演出したい時、サラッと手にしたいミニウォレットです。

職人のプライド


幾重にも重なるレザーパーツ。それらの磨き上げられたコバは、「切り目」によるものです。これは、ブルックリンのレザーアイテムを作る上では欠かせない手法。磨いては染料を入れ、また磨く・・・この作業を全てのパーツへ同じように繰り返し行います。非常に手間がかかり、あまり効率は良くない手法ですが、ブルックリンが全パーツに採用し続ける訳は、「長年の使用にも耐え得る作り方だ」という、その一点だけ。
いくら手間がかかろうとも、すぐ破けたり壊れたりするモノは絶対に作らない──ブルックリンのコバには、そんな職人のプライドが表れています。