アイデンティティを持ち運ぶ。

財布選びのポイントを聞かれ、第一声が「カードがたくさん入ること」であれば、迷わずオススメするのがラウンドジップタイプの長財布です。
ジップを開けばたくさんのカードが一斉に確認でき、お札は綺麗に収まり、小銭も見やすい・・・
さらに、たくさんカードが入ってもしっかりジップを閉めることで、中身を守れる安心感もあります。

そんな使い勝手の良いラウンドジップタイプは、一般的にも様々なタイプが存在しているのも実際です。

ブルックリンミュージアムが新たに提案する「ラウンドジップロングウォレット」は、ジェンダーレスに持っていただけるサイズ感に加え、シンプルで美しい見た目と、その見た目から「良い意味で裏切られる」インナーカラーが特徴です。

紙幣を千円・五千円・一万円とそれぞれ分けて収納可能で、大きめの小銭入れはもちろん、サイドにロングポケットを付けることにより、領収書がビジネス用・プライベート用と分けられる便利さ。

 

サッと財布を取り出し、パッと開ける──。
そんな至極当然の動作さえ、思わず周りが見入ってしまう、そんな長財布。

 

ご自身「らしい」カラーを手にし、気持ちよく毎日を過ごしてみませんか。

青山本店およびOnline Shopにて販売中です。


---
<ラウンドジップロングウォレット>
PRICE: ¥ 73,000 (税抜)
サイズ: 縦9.7×横19.3×マチ2(単位:cm)